インナータイプのワキ汗パッドの正しい使い方

ワキ汗パッドは洋服に貼るインナータイプのものが一般的です。
気温が上がる夏の時期はワキに汗をかいて洋服に染み込んでしまうので、パッドを装着することで汗染みを防ぎます。

インナータイプのワキ汗パッドは洋服に合わせて作られており、ワキにかく汗をパッドに効率的に吸収させます。
厚さは1ミリ程度で、洋服に貼っても目立たないようになっています。近年は薄くてもしっかり汗を吸収してくれる商品が数多く販売されているので、違和感なくパッドが使えます。
自宅の駐車場を貸すには
インナータイプのワキ汗パッドは使い捨てもの、繰り返し使用可能のもの二種類があります。
使い捨てのものは汗を吸収したら洋服から外して、そのままゴミ箱へ捨てるだけの手軽なものです。
繰り返し使用可能のものは、洋服のように洗濯をして繰り返し使います。