ハイドロキノンはシミを悪化させる?

ハイドロキノンは間違えた使用方法で使ってしまうと、シミが逆に目立ってしまう可能性があります。

ハイドロキノンは紫外線を浴びると成分が変質し、メラニンを過剰に作ってしまいます。
このメラニンが肌内部に溜まるとシミとなり、肌の表面に出てくるのです。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど高い効果が期待できる成分ですが、その分副作用の心配も高いです。
特に紫外線に対しては注意が必要で、シミを消すはずが逆に濃くしてしまう可能性があります。
自治体主導の駐車場シェアリング
ハイドロキノンを使用するのは紫外線を浴びない夜、室内に居る時間が長いときにしましょう。
外に出る時は使用部位に紫外線が当たらないよう、UVカットグッズや日焼け止めクリームをうまく使ってください。

ハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンを使用する際は、正しい使用方法を守りましょう。
間違えた使い方をすると、肌に逆効果となる可能性があります。

まず、ハイドロキノンを使用する前にパッチテストを行いましょう。ハイドロキノンは効果が高い成分ですが、肌への刺激も強い成分です。
自分に肌に合うかどうか、まずはテストをしてチェックしましょう。

使用しても問題がなければ、シミが気になる部分に使います。
基本的なスキンケアを行った後、ハイドロキノンを塗ります。肌が清潔な状態のときに使用してください。
駐車場を貸す
ハイドロキノンは顔全体に使うのではなく、ピンポイントで使いましょう。
顔全体、特に肌が薄い部分に使うと思わぬ副作用の可能性があります。

ハイドロキノンが消せるシミの種類

ハイドロキノンはシミ改善に効果が期待できる優秀な成分ですが、全てのシミに対して効果が得られる、というわけではありません。
シミの種類によってはハイドロキノンでも改善できないので、美容クリニックなどで専門的な治療が必要になります。

ハイドロキノンで改善できるシミは、日光黒子、肝斑、炎症性色素沈着の三種類とされています。
日光黒子は紫外線を浴び続けることでできるシミです。紫外線を浴びると肌は細胞を守るためにメラニンが作られますが、これが溜まって肌の表面に出てくるとシミになります。
駐車場貸したい
肝斑は女性ホルモンが影響してできるシミで、左右対称にできるのが特徴です。
炎症性色素沈着は、虫刺されの跡やニキビ跡など、肌が傷付いたときのダメージが色素沈着を起こし、シミとなります。

ハイドロキノンはこの三つのシミに対して効果が期待できます。

シミはセルフで治せるか

気になるシミはセルフで治せるのでしょうか。

結論から申し上げますと、シミはセルフで完全に治すことはできません。ただし、ある程度までシミを薄くする、濃くならないように予防するのはセルフでも可能です。

近年ではシミに高い効果が期待できるハイドロキノン含有の塗り薬が販売されていますが、効果が高い一方取り扱いには十分注意する必要があります。
また、使い方によっては全く効果が出ない、逆にシミが濃くなる可能性もゼロではありません。
自宅の駐車場を貸し出すには
シミに効果的、と謳っている商品は、シミを完全に消すのではなく、「うまく使えばある程度までシミが薄くなる」「これ以上シミを濃くしない」といった効果が主です。
うまく使い、シミ対策をしましょう。

シミに効果が期待できる栄養素

シミは外側からのケアだけでなく、内側からのケアも大切です。
ここでは、美白効果が期待できる栄養素をご紹介します。

代表的な栄養素として挙げられるのが、ビタミンCです。
ビタミンCはメラニン色素の働きを抑える効果があり、シミの予防と改善の両方に効果が期待できるとされている栄養素です。
ただし、ビタミンCは排出されやすいという特性を持っているので、胃に食べ物が入っている状態で摂取すれば、吸収が緩やかになりビタミンCの効果が発揮できます。
自治体がやってる駐車場シェア
肌のターンオーバーもシミ対策に効果的です。ターンオーバーをサポートする栄養素として、メチオニンが挙げられます。
メチオニンは高い抗酸化作用を持つアミノ酸の一種です。含まれている食品として、大豆やハチミツ、肉類や青魚が挙げられます。

毎日のバスタイムでやりたいシミ対策

毎日のバスタイムを一工夫するだけで、シミ対策ができます。

まず、洗顔とクレンジングを見直しましょう。
ゴシゴシと指で擦るように洗うのは、シミを増やす、濃くするなどの悪影響に繋がります。
洗う際は撫でるように優しく洗いましょう。

入浴中にホットタオルを使い、シミが気になる部分に当てるのも効果的です。
肌を芯から温めることで新しい肌を作り出すターンオーバーを促し、シミの元となるメラニンをうまく排出できます。
駐車場貸し出し時のトラブル
時短テクでおすすめなのが、入浴中のパックです。
体を温めながら有効成分を浸透させるので、シミに対して効果が期待できます。パックは10分から15分を目安に行いましょう。

バスタイム終了後はタオルで優しく水気を拭きとり、すぐに化粧水をつけてください。
肌の乾燥を防ぎ、シミができるのを防ぎます。

部分的なシミを消すファンデーションの選び方

部分的なシミをファンデーションで消す場合、コンシーラーを使いましょう。
コンシーラーはシミが気になる部分に少し乗せて、周りの肌と馴染ませるように使います。ただし、薄く付けすぎるとコンシーラーのカバー力がなくなってしまうので、鏡を見ながら調節してください。

コンシーラーを使用した後、ファンデーションを使います。
ファンデーションは肌質に合わせて使いましょう。乾燥肌の場合、密着力の高いリキッドファンデーションがおすすめです。
さらっとした使い心地がいい場合はパウダーファンデーションを使います。
軒先パーキングの評判
ファンデーションはコンシーラーの上からカバーするように乗せていきます。
強く擦るとコンシーラーが薄くなってしまうので、上からポンポンと乗せるようなイメージで付けます。

広範囲のシミを消すファンデーションの選び方

広範囲のシミを消す場合、伸びのいいファンデーションを選びましょう。
ファンデーションの中でも伸びがいいファンデーションが、クリームファンデーション、リキッドファンデーションです。肌に滑らすように塗り込むタイプで、広範囲の肌の悩みを解消してくれます。
駐車場貸したい
シミのなかでも濃いものがある場合、コンシーラーをうまく使いましょう。基本的に肌全体をカバーしながら、部分的に隠すようにしていきましょう。
また、広範囲のシミをファンデーションで隠す場合、メイクが厚くなりやすいので注意が必要です。シミの色をうまく消す色味のファンデーションを選びましょう。
また、仕上げにパウダーを使い、ナチュラル感のある肌を作ってください。カバー力を優先してしまうと不自然な肌になりがちなので注意が必要です。

ハイドロキノンを使う際の注意点

ハイドロキノンは高い効果が期待できる成分です。一方で、肌への刺激も強く、使用する際には注意点があります。

敏感肌の方は使用する前に必ずパッチテストを行いましょう。
敏感肌は外部ダメージに弱く、ハイドロキノンの刺激で敏感肌が悪化する恐れがあります。
また、ニキビや炎症、傷がある肌には使用しないよう注意してください。
自治体主体の駐車場シェア
高濃度のハイドロキノンを同じ場所に使い続けると、その部分だけ他の肌より白くなる場合があります。
これを白斑と呼び、シミと同様一度起こってしまうと治すのは難しいです。
高濃度のハイドロキノンを使う際は、使用上の注意をよく読み、長期間の使用はなるべく避けましょう。

ハイドロキノン配合の商品を使用する前には、必ず商品の注意事項と自分の肌状態をチェックしましょう。

ハイドロキノンを使うタイミング

ハイドロキノンは正しいタイミングで使いましょう。
肌への刺激が強い成分なので、タイミングを間違えると思わぬ副作用の危険性があります。また、シミに対して正しい効果が得られるよう、タイミングは間違えないように事前に知っておきましょう。

ハイドロキノンは肌が清潔な状態で使用するのが基本です。
メイクをしっかりと落とした洗顔後、化粧水や乳液などの一通りのスキンケアを行って肌を整えてから使いましょう。
ただし、商品によっては使うタイミングが明確に指定されているものがあります。商品の説明書は事前にきちんとチェックしましょう。
駐車場シェアリング 自治体
また、ハイドロキノンは紫外線に当たると変質してしまいます。紫外線に当たる日中の使用は避けましょう。
紫外線が当たらない夜、寝る前の使用が最も適切なタイミングです。