ハイドロキノンはシミを悪化させる?

ハイドロキノンは間違えた使用方法で使ってしまうと、シミが逆に目立ってしまう可能性があります。

ハイドロキノンは紫外線を浴びると成分が変質し、メラニンを過剰に作ってしまいます。
このメラニンが肌内部に溜まるとシミとなり、肌の表面に出てくるのです。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど高い効果が期待できる成分ですが、その分副作用の心配も高いです。
特に紫外線に対しては注意が必要で、シミを消すはずが逆に濃くしてしまう可能性があります。
自治体主導の駐車場シェアリング
ハイドロキノンを使用するのは紫外線を浴びない夜、室内に居る時間が長いときにしましょう。
外に出る時は使用部位に紫外線が当たらないよう、UVカットグッズや日焼け止めクリームをうまく使ってください。